栄養

糖尿病と癌については、沢山の論文から関係性が指摘されています。

2008年にBaroneらは、糖尿病を患っているがん患者と、糖尿病のないがん患者では、糖尿病のあるがん患者の死亡リスクが高くなることを総論で報告しています。