栄養

動物で見られる冬眠や夏眠は、うつ病の病態とよく似ており、ヒトにおける植物に似た状態とも考えられています。

クマの冬眠前と非定型の特徴を伴う大うつ病は、過食、寝坊、運動能力の低下、脂肪の蓄積を特徴としています。(2005年、 ...

栄養

まとめ:魚の偏食・大食のリスクについても考慮が必要です。

オメガ3が怪しくなってきたという記事を書きましたが、魚の摂取について調べてみました。

近藤正二先生の長寿研究では、「労働が激しく、 魚又は大豆を十分にと ...

栄養

まとめ:現在はオメガ3脂肪酸の医薬品およびサプリは推奨しません。

医学でも栄養学でも健康常識でも、オメガ3脂肪酸は健康に良いとされています。
医学と栄養学は犬猿の仲では済まないぐらいの断絶や戦いがありますが、このオ ...

栄養

近年問題になっている電磁波は、放射線の一種です。

2020年にGuoらは、放射線障害と腸内細菌の関係について調べました。

実験的な放射線被曝を生き延びたマウスは、腸内細菌叢に特徴があることを報告しました。同様の ...

栄養

血液中の代謝産物の多くは腸内細菌が作っており、腸脳相関で精神状態をほぼ決定しています。

腸内フローラが豊かな状態であれば、精神症状は安定的ですが、腸内フローラの乱れがあれば精神状態も乱れて来ます。

動物と植物は ...

栄養

子どものアトピーは、「和食」で良くなる、「お母さんの和食」がキレない子をつくる、キレない子に育てる食事メニュー―わが子の心と体を守る賢い知恵と工夫、失われし食と日本人の尊厳などの本では、健康になるために西洋食をやめて和食を食べるように ...

その他, 心理療法, 栄養

第一反抗期はいわゆるイヤイヤ期で2~3歳の頃に現れます。第二反抗期は小学校高学年から中学生にかけて出てきます。問題となるのは、第二反抗期が遅れている場合です。発達特性がある、家庭の養育に問題がある場合などで、第二反抗期が遅れる場合があ ...

栄養

まとめ:高タンパク、高線維食、糖質制限、グルテンフリー・カゼインフリー、ミネラルバランスの補正

1.身体の本来の「鎮痛システムの再起動」のために高タンパク食、糖質制限を行います。

2.腸内フローラの改善のために ...

栄養

2019年にSundbollらは、デンマークでの大規模調査で便秘のある人は消化器癌になるリスクが5倍上がることを報告しました。卵巣癌のリスクは7倍に上がりますが、それ以外の非消化器癌のリスクは上がりません。

糞便中の発癌物 ...

栄養

まとめ:バターやココナッツオイルを大量に摂る食事法は、発癌リスクが指摘されています。

1973年にBergは、先進国に移住して赤肉と飽和脂肪酸の多い西洋食を食べると、子孫の結腸直腸癌のリスクが上がることを報告しました。