その他, 栄養

発達障害の方が増えているという話があります。

発達障害の診断は臨床症状と生育歴で行い、知的障害の診断は知能検査で行います。

発達障害の診断のための検査として同様に知能検査も行います。

知能検査で、全 ...

栄養

Real Food for pregnancyを読みました。長くなったので別記事にします。

妊娠中の食事で脂肪を制限すべきだと聞いたことがあるかもしれませんが、このアドバイスは科学的な根拠がありません。

タンパ ...

栄養

Real Food for pregnancyを読みました。内容を一部抜粋します。

現在の出産前ガイドラインと伝統的な文化を持つ祖先の食事からの知恵を比較すると、多くの矛盾があります。そのためにこの本を書きました。 ...

栄養

脂漏性皮膚炎では、白色・黄色・灰色などを呈するフケのようなもの(鱗屑、りんせつ)が皮膚に付着します。

皮膚は赤みを帯び、痒みを伴う場合と、伴わない場合があります。

脂漏性皮膚炎は、「マラセチア」と呼ばれる真菌が ...

栄養

人体に影響を与える有害金属としては、カドミウム、水銀、鉛が有名ですが、それだけではありません。

オリゴスキャンでの検証結果では、必須ミネラルと拮抗する確率の高い有害ミネラルは、ビスマス(Bi)、トリウム(Th)、タリウム( ...

栄養

ジスキネジアは、不随意運動(無意識的で反復的な体の動き)の一種です。

①抗精神病薬や胃薬品を長期間服用後に起きるものは、口唇をもぐもぐさせたり舌のねじれや前後左右への動きや歯を食いしばったりする動作を無意識に繰り返します。 ...

栄養

生活習慣病は糖質過食が根本原因なので、食事療法が基本です。

コレステロールについても論争が続いています。

日本のコレステロールのガイドラインは複数ありますが、日本動脈硬化学会のものが以下です。

欧米 ...

栄養

栄養療法では多発性硬化症を、以下の4つに分類しています。

①遅延型食物アレルギーと関連しており除去食療法が有効である。

②神経細胞の栄養失調と考えてメガビタミン療法が有効である。特にビタミンB1とB3の大量療法 ...

栄養

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)は、何らかの免疫異常によって中枢神経のさまざまな部位に脱随が繰り返し引き起こされて、視力障害、感覚障害、運動麻痺などさまざまな神経症状の再発と寛解を繰り返す、厚生労働省が指定 ...

栄養

白血球は、異物の侵入から身体を守る免疫の働きを担っています。

細菌や真菌などの大きな感染に対しては顆粒球が、小さなウイルスや腫瘍に対してはリンパ球が主に対応します。

白血球の中のリンパ球は、NK細胞、B細胞、T ...