栄養

CGRP(カルシトニン関連遺伝子ペプチド)は、カルシトニンと同一の遺伝子からスプライシングの違い(選択的スプライシング)によって、作られるペプチドホルモンで、強力な血管拡張作用、抗不安、抗うつ作用を持つことが知られています。