栄養

まとめ:バターやココナッツオイルを大量に摂る食事法は、発癌リスクが指摘されています。

1973年にBergは、先進国に移住して赤肉と飽和脂肪酸の多い西洋食を食べると、子孫の結腸直腸癌のリスクが上がることを報告しました。