栄養

一般に見られる脂肪肝では、鉄過剰が起こっています。

鉄代謝の抑制物質であるヘプシジン産生に問題があり、腸管から鉄の吸収が増えるためです。(諸説有り)

一般的炎症性疾患では、フェリチンを貯蔵鉄の指標として使えませ ...

栄養

体内の基本ミネラルのひとつの鉄は、排泄系を持たず、ほぼ腸管から吸収の調整だけで、調整されている。

その主役を担っているのが、ペプシジンという肝臓で産生されるペプチドホルモンである。

鉄剤の適正使用による貧血治療 ...