ホルモン, 栄養

ビタミンDについては過去に一度記事にしました。

追加記事(2020年2月11日)を再度修正してまとめたいと思います。

D2とD3の違いですが、構造式がわずかに違うだけです。

D2とD3は、体内での代 ...

ホルモン, 栄養

まとめ:ビタミンDとアレルギーの関係は完全には解明されていませんが、ビタミンDサプリによって、アレルギーが改善する可能性があります。

ビタミンDは、カルシウム代謝に関係しており、ビタミンDが不足すると腸管からのカルシウム吸 ...

ホルモン, 栄養

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、生活習慣病のひとつの形として発症しますので、食事と運動で改善を計る内容の沢山の書籍が出版されています。

その中の一冊のPCOS Dietの内容の一部を抜粋します。

このベストセ ...

ホルモン, 栄養

子宮筋腫や子宮内膜症などの方が、手術をせずに薬物療法などを続けて、閉経を待つという方法を「逃げ込み療法」と言います。

閉経になれば、症状が軽くなったり、治まったりするので、それまで待つ治療です。

子宮筋腫とは子 ...

ホルモン, 神経疾患

喫煙は、癌や心血管疾患などの確立された危険因子であることはよく知られています。

1990年にBaronはニコチンの抗エストロゲン作用について言及し、1996年にはタバコのメリットについて総括してました。

予備的 ...

ホルモン

更年期症状としては、ほてり(ホットフラッシュ)と寝汗が一般的な血管運動神経の症状として知られていますが、地域差があることが報告されています。(2007年、Freemanら)

寝汗を治療するための薬の有効性に関する医学的報告 ...

ホルモン, 栄養

まとめ:大豆と癌との関係は、基礎研究においては相反する報告があり、一致した結論には至っていません。

エクオールは,大豆イソフラボンの一つダイゼインが,腸内細菌によって代謝を受け,中間体のジヒドロダイゼインを経て生成されます ...

ホルモン, 栄養

大豆はアジアでよく消費される植物性タンパク質、フィトケミカルなどを多く含む食材です。

欧米に比べて、アジア地域では癌や心疾患の発生率が低いことなどから、これまでは大豆の発癌などに対する保護効果が報告されてきました。 ...

ホルモン, 栄養

PMS対策の基礎に続いて、応用についての記事です。

1.グルテンフリー・カゼインフリー

小麦製品に含まれるグルテン、乳製品に含まれるカゼインは、完全に消化できる人はいませんので、遅延型食物アレルギー、リーキーガット、自己免疫 ...

ホルモン, 栄養

PMS(月経前緊張症)では、月経前の1~2週間にイライラ、偏頭痛、ニキビ、乳房痛、むくみ、食べ物への渇望などの様々な症状が見られます。

PMS(月経前緊張症)や更年期障害(2012年、Delanoeら、2004年、Ande ...