栄養

パプア・ニューギニアの人達はイモを主食としており、摂取タンパク質が少ないにも関わらず、筋骨隆々とした立派な身体をしていることが知られています。

摂取タンパク質量は、1940年代までは1日約20g/kgでしたが、1980年代 ...

栄養

かつてカナダの極北地域では、植物が育たないために、動物や魚類だけを食料としていたイヌイットと言われる先住民族が住んでいました。

主な食料は、ホッキョクイワナ、アザラシ、トナカイの肉でした。

それらを生のまま、凍 ...

栄養

東大の米田穣先生の研究があります。

人骨に含まれる炭素と窒素の安定同位体比から、縄文人がどのような食物からタンパク質を摂っていたか(タンパク質依存率)を遺跡ごとに割り出しています。たとえば、北海道の遺跡ではオットセイやイル ...