栄養

ダイエットを考えるときに、栄養素で考えるから混乱してきます。

ホルモンで考えて行くと、答えが見えてきます。

肥満ホルモンのインスリンと、その拮抗ホルモンのグルカゴンです。

つまり、グルカゴンが分泌出 ...

栄養

日野原先生も50年飲まれていたサプリです、頭の良くなるサプリと言われています。

毎朝、顆粒状のレシチンを牛乳入りのコーヒーに入れて飲んでます。これまで、脳の衰えを感じたことがないのは、レシチンの力も大きいと思っています。「 ...

栄養

病気にならない15の食習慣-青春新書インテリジェンス-日野原-重明-ebook/dp/B00DKMSXJA/ref=sr_1_7?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=日野原&qid=1557021620& ...

栄養

脳腫瘍の治療後などに、視床下部がダメージを受けた場合に起こってくる肥満。

満腹ホルモンであるレプチンのシグナルを脳が受け取ることができなくなっているため、脳の満腹機構のフィードバックが効かなくなっている状態である。 ...

栄養

レプチンは、全身の肥満細胞から分泌されるペプチドホルモンである。

食欲や肥満に関係するホルモンは、20種類以上あるが、インスリン、グルカゴンの次に重要である。

以下の2つの拮抗関係が特に重要である。

栄養

糖質の過剰摂取が肥満となり、生活習慣病に繋がります。

また、糖質摂取による血糖値スパイクが酸化ストレスを起こして、糖尿病の合併症や動脈硬化などが発病すると言われています。

糖質の過剰摂取すること=必要なタンパク ...

栄養

カードカウントとは、糖尿病学会などが推薦している、1日の糖質量を計算することです。

細かいですが、この順番になっていると考えてます。

この理解・成長の段階は、飛び級が出来ません。

どこかのステップを ...

栄養

栄養や食に関する本を全部読む予定でしたが、あまりの多さに断念しました。

その中で、三石先生や藤川先生が勧めるプロテインの話は異彩を放っています。

自然食品を当たり障りなく勧める書籍が多いです。

私は ...

栄養

地元でクローズドの講演予定です。今回は栄養の話です。

このブログは、自分用のメモや、頂いた質問に答えるため、診察でうまく説明できなかったことへの反省を込めて書いてます。

一部は小難しすぎて申し訳なく思ってます。 ...

栄養, 精神症状

賛否両論のあるメラトニンです。

フランスでは、2018年に注意喚起が出て、1日2mgまでに販売規制されています。

現在は、日本への個人輸入は、1回注文で1ボトルまでに規制されています。

効き目の個人 ...