てんかん, 栄養

抗てんかん薬、感情調節薬として使われるバルプロ酸ナトリウム(VPA)は、カルニチン欠乏症となり、その結果として高アンモニア血症の副作用を起こすことが稀にあります。

カルニチン欠乏症の作用機序は、VPAがバルプロイルカルニチ ...

てんかん, 栄養

VPA(バルプロ酸)、PHT(フェニトイン)、GFT(グルタミン酸フォルミルトランスフェラーゼ)

てんかんの方が妊娠の可能性がある場合は、葉酸を服用することがガイドラインで決められています。

葉酸は、肝臓の葉酸 ...